便秘になる理由

便秘になるにも理由があります。一般的には便が出ないということで済ませてしまうのですが、ここではもう少し掘り下げて便秘について考えてみます。便が出ないという理由には大きく4つあるとされています。まず一つ目ですが、これは大腸の運動機能の低下です。これにはさらに運動不足、水分不足、食物繊維不足、腹筋力の低下、極端なダイエットなどの理由があげられます。一般的な症状として、おなかが張る、便が残っている感覚、食欲低下、肌荒れなどです。便秘の中でももっともよく見られる症状で女性や高齢者に多いのが特徴となっています。排便のためにぜん動運動が十分に行なわれないために、大腸の中に便が長期間にわたってとどまり、水分の吸収が進んで固くなりさらに便が出にくい状況となるのです。一般的に肉類を好む人がなりやすいとされています。

二つ目は大腸の緊張感です。これは気持ち的なものが大きく、精神的ストレスや環境の変化などが理由としてあげられます。症状としては腹痛と残便感です。

三つ目は直腸に便が停滞することで、仕事などで排便を我慢しすぎることでおこります。他には寝たきりなどでも起こり、症状としては便が直腸に達しても、排便反射が起きずに直腸に便が停滞し、排便ができなくなる症状です。性格的に排便を我慢する習慣がある人に多いとされています。 四つ目は器質性便秘と呼ばれ、疾患などの理由で起こります。これは主に大腸がん、腸管癒着などが原因となります。